手段としてとらえるべき資格の取得

資格を取得するというのは、就職や転職あるいは出世を目指す上で、とても役立つということはよく知られているでしょう。特に、就職や転職においては取得しているか否かで、その仕事につけるかどうかが左右されることもあります。そのため、なりたい仕事が予め決まっている場合には、計画的にその習得をするための学校に通ったり、勉強を重ねたりすることが重要です。一方、就職や転職を有利にしたいという気持ちが先行して、そのために何か資格を手に入れたいと考える人もいます。それはそれで良い考え方であり、取得のために勉強を重ねていくことになるでしょう。しかし、そういう人に多いのが、せっかく仕事を見つけることができても仕事が肌に合わず、転職を決意することになってしまうという事態です。月日をかけてようやく取得したにもかかわらず、それを活用できずに終わってしまうというのは望ましい事態ではありません。そういった状況に陥ってしまうことを避けるためには、何をやりたいのかということを優先して考えることが重要です。取得の容易さから選んでしまったり、実際にできる仕事についてよく調べずに取得に励んでしまったりすることによって、こういった事態が招かれてしまいます。資格の取得は一つの手段であり、それが目的になってしまっては良い仕事に就くことができないでしょう。まずは何をやりたいのかを考え、そのために必要があれば取得に励むという姿勢を持つ方が失敗が少ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です